【メルボルン】パッフィンビリー鉄道&ヤラバレーワイナリーはツアーと個人どっちがお得?行き方&比較してみた【比較】

こんにちわ。ホリ得です。メルボルンには大きなワイナリーと珍しい蒸気機関車があるのをご存じですか?今回この2か所を1日でまわりツアーの場合と比べてどう違うのか比較してみました。どちらか一方、もしくは両方行かれる方はコアな情報も載せてますので是非ご参考に!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




ツアーの日程と金額

1日でパッフィンビリー&ワイナリー

2つをまわる場合$200~くらいからあります。ただ、ワイナリーは2か所くらいになりますが、昼食はついてます。イエリングステーションとドメインシャンドンのワイナリーはとても人気なので両方、もしくはどちらか一方は必ず入っていると思います。

パッフィンビリーは時間的に出発駅のベルグレーブから次の駅のメンジーズクリークまでになると思います。(テイスティング・昼食・市内から送迎・金額によっては日本語ガイド付)

ワイナリーのみ

ヤラバレーには沢山のワイナリーがあり、それこそ金額があがれば沢山のワイナリーに行くことができます。$100~で2~3か所のワイナリーに行けると思います。

また、ツアー会社によってはチョコレート工場やチーズ工場など様々な場所に行く所もありますので、割と幅広くツアーをやっている印象でした。(テイスティング・昼食・市内から送迎・金額によっては日本語ガイド付)

パッフィンビリーのみ

出発駅はベルグレーブだと思いますが、パッフィンビリーは終点まで行くと約2時間かかります。往復だと5時間・・。おそらくツアーのプランは途中の駅で下車するコースだと思います。どこの駅まで行くのかによりますが$80~くらいからの相場だと思います。

個人で行く場合のおすすめプラン 

個人で行くメリットは行きたいワイナリーに行けること。そして好きなだけ滞在できることです。時間の配分ができるのでプランも組み立てやすいです。注意していただきたいのは営業時間です。ワイナリーもパッフィンビリーも時期によってかわりますので確認をお願いします。

行き先

 今回私たちがたてたプランは以下の通りです。()内は営業時間です。

ヤラバレーショコラティエ

(9:00~17:00)yarravalley chocolaterie

デボートリ

(10:00~17:00)de bortoli

イエリングステーション

(10:00~17:00)yering station

Yarra Valley Winery, Wine Tasting & Restaurant

ヤラバレーデイリー

(9:30~17:00) yarra valley daily

ドメインシャンドン

(10:30~16:00)domaine chandon

パッフィンビリー

(駅により異なる)puffingbilly

Puffing Billy is Australia's premier preserved steam railway! Dangle your legs out of the carriages as you enjoy magnificent views of the Dandenong Ranges

一番早い時間に開店するのがショコラティエのお店ですので、そこからはじまります。デボートリは10:00からですのでチョコレートのお店に9:30に到着してもいいですし、9:00についてショコラティエ併設カフェでゆっくり過ごすのもありです。

金額 

ヤラバレー付近は基本駐車料金も入場料もかかりません。

ショコラティエのお店はチョコのテイスティングも無料でできますし、見学だけならお金はかかりません。もちろんチョコやカフェで注文するなら金額はかかります。

デボートリはワインのテイスティングをする場合$5かかります。ただ、ワインを購入する場合はテイスティング料金はなくなります。

イエリングステーションのワインのテイスティング料金は基本無料です。ただ、高級なワインやプレミアム系のワインの試飲をする場合は$15必要になります。(1杯ではなくまとめて$15です。)こちらもワインを購入した場合$15はなくなります。

ヤラバレーデイリーはチーズのお店ですが、8名以下であればチーズの試食は無料です。8名~の団体になると9名から一人あたり$3が加算されます。

ドメインシャンドンはテイスティングは$10かかります。また、プレミアムのワインをテイスティングしたい場合は$25のプランになります。購入しても$5引きなので、結局最低でも$5がかかってしまいます。お目当てのワインがあるならテイスティングなしでもいいと思いますが、新作や気になるワインがあればテイスティングすることをおすすめします!次から次へと注がれるので$5くらいは元とってます。笑

パッフィンビリーに関しては降りる駅によって金額がかわります。最初の駅で降りる場合は$32です。これは往復料金ですのでもちろん片道であればもう少し安いです。

結果

これらを踏まえて最低限必要な金額は大人1人当たり$97になります。ガソリン代・昼食・テイスティング(プレミアム)・パッフィンビリーの金額を含めてます。

せっかくのワインツアーなので全部の店舗で試飲をし、パッフィンビリーも往復(メンジーズクリークまで)で体験した場合の金額です。ワインの購入やチョコやチーズの金額は含めてませんが、ツアーの場合でも含まれていないので省きます。

また、昼食はあいにく私たちが行った日はお休み&満席で入れなかったのでパッフィンビリーに併設されているカフェで食べました。1人$10くらい。

もちろん人数がいるならガソリン代はもっと安くつきますし、昼食も事前に予約をしていればヤラバレーで食べる事ができるので問題ありません。レンタカーにしても人数が多ければ安く済みますので同じですね。

ヤラバレー

メリット・デメリット 

ツアーと個人で比較した場合、わかった事があります!!

ツアーの場合

メリット

ワインのガイドが聞ける(英語の場合もあり)

昼食が確約されている 

参加者全員が試飲できる

デメリット

金額が高い

好きなワイナリーを選べない

ゆっくりできない

個人の場合 

メリット

金額が安い

好きな場所に行ける

デメリット

運転手が飲めない(飲めても微量)

日本語ガイドがいない(説明は店員が英語でしてくれます)

まとめ 

個人の場合の一番の悩みは運転手が飲めないということです!せっかくのワイナリーなので皆でテイスティングしながら観光したいものです。ワインやお酒が飲めない方や、飲めなくても運転だけでOKっていう方がいるなら個人でいったほうがいいです。一人当たり$100近く安く済ませる事ができますし、これだけのワイナリーとパッフィンビリーも含めて1日でまわるツアーはありませんでした。

個人で行くメリットは行きたいワイナリーに時間が許す限り行けることです。実質、私たちは大満足でした!!ワインも美味しくてチーズもチョコも最高でした!!パッフィンビリーにも無事にのれたしよかったです。

時間がある方は2日にわけて行ってもいいですが、ない方は1日でもワイナリーとパッフィンビリーは経験できるのでおすすめです。ツアーでも個人でもぜひ行ってほしいです。

また、パッフィンビリーに関してもネットや受付にない安いチケットが存在します。ワイナリーに関してもおすすめしたいポイントなどがありますので、値段の比較以外にも詳しく知りたい方は下記の記事をご参考に下さい。

【メルボルン】ヤラバレーワイナリー&パッフィンビリー鉄道を1日でまわってみた。行き方&観光おすすめスポット6選
こんにちわ。ホリ得です。メルボルンにきたら是非とも行ってほしい場所!!ヤラバレー&パッフィンビリー。ヤラバレーには沢山のワイナリーがあるので...

オーストラリアのツアーや現地でしか経験できないアクティビティを考えてる方にオススメ!素晴らしい旅の思い出ができます。最安プランがあったりするので見る価値ありです! ↓↓

メルボルン現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280