【タスマニア】ワイングラスベイの知られざる絶景スポットはここ!行き方&注意点【ロンセストン】

フレシネ半島のフレシネ国立公園内にある透き通るような青い海と白い砂浜に囲まれた美しいビーチ!そう、ワイングラスベイですね!タスマニアの中でも有名なこのビーチにはおすすめな楽しみ方があります。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




ワイングラスベイ

世界の10大ビーチのひとつに数えられるワイングラス・ベイは、タスマニア州のフレシネ半島にあります。 三日月の形をした白い砂浜、サファイア色の海が広がるワイングラス・ベイは、オーストラリアで最も美しい自然景観の一つです。

ワイングラス・ベイは、フレシネ半島の一部であり、手つかずの自然が残る沿岸地帯の岩礁です。 

行き方

ホバート、ロンセストンどちらも二時間半くらいで行けます。駐車場もあります。駐車場には国立公園の入園料が必要になりますので必ず受付で買いましょう!国立公園共通のチケットですので他で購入された方は問題ありません。

【タスマニア】国立公園は入園料が必要?注意しなきゃ大変なことに!?必ず必要なものとは!
こんにちわ。ホリ得です。タスマニアには国立公園が19もあります。その中には世界遺産にも認定されている場所もありますし、見どころ満載です。今回...

楽しむためのポイント&注意点

すごく綺麗な場所ですので、100%楽しんでいただきたいです。そのためのポイントお伝えします。

天気と時間

ワイングラスベイの見所は透き通るような青いビーチです。天気が悪いと良さが半減してしまいます。また、季節によって日照時間が違いますので、訪れる時の時間にも注意が必要です。

日本だとまだまだ明るい時間と思って日程を組んでいた方がオーストラリアの日没時間が早かったため、到着した時には薄暗い・・なんてことも聞きました。やっぱり晴天!これに尽きますね。

トレッキングコース

いくつかのトレッキングコースが用意されてますが、一番有名なのは展望台まで目指すコースだと思います。早い方だと30分くらいで到着します。私は1時間くらいかかりました 😯 

タスマニア ワイングラスベイ

展望台

一時間くらいかけて目指しましたが、日差しのない道を登ったり、坂がきつかったりと予想より大変で、息が上がってしまいました。小さい子供も沢山いたので難易度は高くないと思いますが、舐めてかかったせいか水が足りず、帽子もなかったのできつかったです。

タスマニア ワイングラスベイ

日差しが強いのでお水と日焼け対策は忘れずに!ちなみにオーストラリアでも焼けなかった飲む日焼け止めおすすめです!!↓

【インナーパラソル16200forUV】

息が上がりながらも到着した展望台はワイングラスベイが綺麗に見え、天気もバッチリだったので青々としていて素晴らしかったです!湾曲が美しいです。

ワイングラスベイ

ワイングラスベイビーチ

ほとんどの方が展望台に上がったら下山しますが、下山の途中にワイングラスベイビーチにつながる道が出てきます。私としては、ぜひともビーチに立ち寄ってほしいです!!

間近で見ると透き通ったブルーに白い砂浜が綺麗ですごく感動します!!泳ぐのも良しだし、寝転がってもいいです。潮風と、野生のワラビーなどいて気持ちのいい時間を過ごすことができます。

ワイングラスベイ タスマニア

展望台には人がわんさかいたのに、ここは数人しかいなくて静かでよかったです。海の音が聞こえて最高ですよ!

タスマニア ワイングラスベイ

まとめ

天気が晴れた日はワイングラスベイで決まり!と言っても過言ではないでしょうか。自然の美しさに感動します。また、時間や体力がある方は少し足を伸ばしてビーチまでおりてほしいです。上から見る景色とは違った風景で楽しめると思います。ホバートやロンセストンからも行けるワイングラスベイは魅力がいっぱい詰まった場所でした 😉 

オーストラリアの現地ツアーならこちらおすすめです↓現地の会社が厳選したオリジナルツアーからマニアックなものまで!!セール価格でアクティビティできます!↓↓

タスマニア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280