【シドニー】市内観光するならどこがいい?オペラハウスとハーバーブリッジその他おすすめ歩いていけるスポット6選

こんにちわ。ホリ得です。オーストラリアをラウンドしましてシドニーは2回経由しました。オーストラリアといえばシドニー!オペラハウス!といったイメージの方も多いのではないかと思います。今回半月ほど滞在し、市内を中心にみどころスポットを厳選しましたので是非ご参考にください。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シドニーってどんなとこ? 

オーストラリアで最大都市にして経済の中心地らしいです。移民も多いらしく国際色豊かな街並みとなっております。市内は発展してますが、少し離れた所にいくと自然も残っているので見どころも多い場所です。

シドニー観光するなら外せないスポット6選

オペラハウス

定番中の定番ですね。電車で近くまでいけるので訪れやすい場所です。実はオペラハウスの建築ってかなり難しい設計だったと聞いてます。構造上の欠陥や予算オーバーが重なり完成までに14年の歳月と巨額な費用がかかったとか。

世界遺産に認定されていて、公演なども盛んにおこなわれています。また、夜にはライトアップされるので昼間と夜2回いくのもおすすめです。

オペラハウス

サーキュラキー

フェリー乗り場があり、港ということもあって港を眺めるカップルや、散歩している夫婦、観光客など割とにぎわっています。そこまで見どころはないんですが、オペラハウスからハーバーブリッジに向かう時に必ず通りますので雰囲気を楽しむのもありですね。

ハーバーブリッジ

端の頂上に上ることもできる。(別途料金)近づいてみる分には無料で行けます。オペラハウスから歩いていくこともできます。近づいてみるのもいいですが、私のおすすめはオペラハウスから眺める風景のほうが写真も綺麗にとれていいかなと思いました。ちなみにこちらは世界一の幅広アーチ橋らしいです。

ハーバーブリッジ

シドニータワー

ブルーマウンテンがみえる展望台です。私たちはシドニータワーアイという4Dでシドニーの景色を楽しむことができるチケットを購入したのですが、なんだかいまいちでした。笑 追加料金で4Dを楽しむことができるタイプなのですが、これは別にいらなかったかなと思いました。

入場料を支払えば展望台まで上がることができます。スカイツリーに比べたら全然低いですが、シドニーの街並みを観光したいかたにはおすすめです。

Official Sydney Tower website. Sydney Tower Eye is the tallest building in Sydney. Buy Sydney Tower Eye tickets online here for a low price guarantee.

営業時間は時期によってかわりますので確認をお願いします。

シドニータワー

ダーリングハーバ

ここも観光スポットですね。海沿いにあり、色んなカフェやレストランが入っている場所です。雰囲気もよくて海辺でご飯を食べたいかたにはおすすめです。

セントメアリーズ大聖堂

中世ヨーロッパの建築を再現している教会です。オーストラリアのカットリックで一番有名と聞いたけどどうなんでしょうか。私はメルボルンの方が好きかな。笑 きれいな建築物ですのでみにいくのもありです。

セントメアリーズ大聖堂

まとめ

細かい見どころでいえばチャイナタウンや建築物、レストランなどありますが、ひとまずこの6つをおさえれば問題ないかなという印象です。市内は綺麗な街並みですし、おしゃれなレストランも沢山あります。

ただラウンドしていた私からすると他の州と比べると目新しい感動はあまりなかった印象です。それならちょっと遠くの自然アクティビティをするのが私のおすすめです!!シドニーアクティビティおすすめの記事はこちら↓

【シドニー】観光でジェノランケーブスをおすすめする理由6選!3400年万前の世界最古の鍾乳洞へツアーなしで行ってみた
こんにちわ。ホリ得です。シドニーで一番行きたいと思っていた場所。それがジェノランケーブスです!3400万年からある世界最古の鍾乳洞として判明...

もちろん市内も1日あれば十分まわることができるのでシドニー滞在が長めな方はお気に入りのお店を見つけると面白いかと思います。いずれにしてもシドニー市内は綺麗な街並みとおしゃれな人が多く、買い物するには楽しい場所といった印象でした。

オーストラリアのツアーや現地でしか経験できないアクティビティを考えてる方にオススメ!素晴らしい旅の思い出ができます。最安プランがあったりするので見る価値ありです! ↓↓

シドニー現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280