【アデレード】ツアーをせずにカンガルー島へレンタカーで行ってみた!おすすめ周遊の仕方&スポット10選

こんにちわ。ホリ得です。カンガルー島へレンタカーを手配し、日帰りでいってきました。ネットだと情報が少なくて調べたよりも入場料が高かったり、綺麗だと言われていた場所があれ~?ってなる事とかあったので、今回は定番スポット以外にもおすすめできる最新スポット情報をお伝えします!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




カンガルー島行き方

一応金額関係はこちらの比較記事にのせているので興味あるかたは見てください。

【アデレード】カンガルー島はレンタカーとツアーどっちが格安?比べてみた!行き方&料金【比較】
こんにちわ。ホリ得です。アデレードといえばカンガルー島ですね!カンガルー島ってカンガルーがわんさかいると思ったら大間違いです!!カンガルーだ...

飛行機かフェリーの選択しかないので、迷わずフェリーを選びました。安いので。笑 

朝9:00出航!45分のフェリーの旅です。事前予約が必要なのでシーリンクかフェリー代行サイトを使って予約をします。日本語の方がわかりやすかったので、私たちはダイレクトフェリーの比較サイトを利用して予約しました。

http://www.directferries.jp/ 

ちなみにケープジャービス港からペネショー行きのフェリーです。レンタカーでカンガルー島をまわる予定の方は、アデレード市内からケープジャービス港は結構離れているので歩いてはいけません。車かバスでむかいましょう。このへんも比較記事に記載してます。

おすすめスポット10選

それでは出発です!レンタカーも無事借りれたし、帰りのフェリーの時間まで十分にある!事前にまわるルートも決めていたのでサクサクと最初のスポットに向かいました。

シールベイ 

ペネショーからシールベイまで車で約1時間。カンガルーが沢山でるし、白骨化した死骸もかなりあると聞いてましたがなかったです。飛び出してくる動物もいなかったので安心してすすみました。

シールベイは野生のアシカが間近で見られる珍しいスポットです。ガイドツアーの料金を支払えば間近でアシカを見学することができるし、説明もしてくれます。ガイドのはじまる時間はきまってますので確認をお願いします。

The stunning views of the Australian sea-lion colony and the neighbouring coastline make Seal Bay an essential experience for visitors to Kangaroo Island.

もう1つボードウォークのコースもありますが、断然ガイドツアーコースがおすすめです!ガイドツアーにはボードウォークも含まれてるのでお得です。日本語の説明書を渡してもらえるので理解しやすいです。

カンガルー島

ガイドのお姉さんとアシカの見学に行きましたが、お姉さんアシカを見つけるのが早くて、ほら足元にいるよとか、この穴にいるよとか沢山教えてくれました。通常15分くらいのツアーだと思うんですが、次のツアー予約がなかったのか、サービス精神満載のお姉さんだったので30分くらい見学できました。

アシカはというと、かなり沢山いました。私たちが行った日が肌寒い日ということもあってアシカは砂場で日向ぼっこしてました。暑いと海辺にいるから遠いらしく、この日は砂場に沢山いるからラッキーだよと教えてくれました。

カンガルー島高い砂場の方からゴロンゴロンと落ちてきた後、何もなかったかのような顔で歩きだすアシカ。笑

シールベイコテージカフェ 

先ほどのシールベイの近くにカフェがあります。こちらはレンタカーを借りた時のスタッフのおすすめです。小さなコテージ風なお店でランチができるみたいです。すぐにランチをすませたい方はシールベイの通り道にあるのでいいかもしれません。私たちはまだお腹がすいてなかったのでスルーしました。

リトルサハラ 

白い砂漠でいくつかのアクティビティができます。サンドボードといって砂漠版スノボのようなイメージです!砂漠をボードで滑りおちたり、結構スピードがあって面白そうでした。ここは$37くらいかかります。砂漠をみて触れ合うぐらいなら無料ですが、アクテビティをするならお金が発生するといったイメージです。

marron&cafe

ここだけ少し違う場所にあります。カンガルー島はだいたい海沿いに観光スポットがあるんですが、このカフェだけ島の中央あたりにあります。イメージするならエアーズロック的位置です。シーフードが美味しいらしくどうしても行きたかったのですが、シールベイで大幅に時間を使ってしまったので断念。。個人で日帰り観光する場合、時間の配分は重要だと再確認しました。笑

vivonne bay

ここは綺麗なビーチだと聞いて行きました。こじんまりとしていて人は誰もいない上に水の色は結構にごり気味・・。えー!と逆にびっくりしてしまいました。ゆっくり時間を過ごすならいいのですが、日帰りだとここははぶいていいと思います。通り道なので気になる方は寄ってみてください。特に地元の方からもおすすめされませんでしたのでご判断はまかせます 😮 

rustic blue galley&cafe

行きたかったレストランが少し離れていたため、通り沿いのカフェに入りました。ここは作品ギャラリーとカフェが併設されていて、ギャラリーはかわいい雑貨が結構おいてました。店主もフレンドリーで居心地のいい雰囲気でした。

料理はどこかの国の料理にカンガルーアイランドソースというものがかかっており、最初カンガルーから絞り出したソースかと思いびくびくしてましたが、そうではなく普通のドレッシングでした。気づいたのがカンガルー島では結構カンガルーアイランドソースってみかけたんですが有名なのかなと。調べてないので詳しくはわからないです。

ハンソンベイ 

こちらは野生のコアラを見学できる施設です。ツアーでは必ず含まれている内容ですね。入場料を支払えばあとは自由に見学できる場所です。

ちなみにこちら、入場する前にエントランスより少し離れた木の上にコアラがご飯食べている所を発見しました!(脱走?)もう入場しなくていいんじゃないかと思ったんですが、一応中が気になると思い入りました。

施設内は沢山のユーカリの木があってコアラを探すのに一苦労でしたし、コアラより木の方が多すぎて結構大変でした。そんな中コアラを見つけた時はお宝発見のような気分になり楽しかったです。

カンガルー島

爆睡中のコアラ発見!微動だにしませんでした。この施設内に野生のカンガルーがいる芝生があってそこも自由に行けます。のんびり休んでいるカンガルーをみることができるのでおすすめです。

flinders chase visitor centre&cafe

インフォメーションも入ってますし、簡易的なカフェも入ってますのでお腹がすいたり甘いものが食べたいときにはおすすめです。カットされたフルーツなどもあって日差しで暑くなってきた時には助かります。

そしてここはこの地域の動物たちの展示などもしており歴史や生体など見学することができます。そんなに大きなスペースではないのでコーヒーを飲みながらさくさく見れます。もちろん見る分には無料です。

リマーカブルロック 

有名スポットのつですね。自然のすごさを感じることができます。意外とこの岩の後ろからのアングルってないのですが、裏にまわると絶壁まではいきませんが足元の先は海みたいな感じになっていてすくみました。

監視員もいないので子供がいる場合は気を付けてください。子供たちは色んな形の岩をみてはしゃいでおり岩の頂上にのぼったり隙間にはいったりと楽しそうでした。

カンガルー島

アドミラルアーチ 

先ほどの岩から近い場所にあります。こちらも自然がつくりだした造形物でギザギザの形が特徴的です。あと、なんといってもここは野生のオットセイが見れます!!アシカは入場料ばっちりとられましたがここは無料です!笑 

色が黒いので最初見つけられなかったんですが、よくよく見ると近い場所にぎっしり横たわってました。アシカに比べて磯くさ~い!!沢山泳いで食べてゴロゴロしてるからなのか独特のにおいがする場所でした。

アドミラルアーチ黒い物体はすべてオットセイ。不思議な光景です。。

失敗しないまわりかた

結論からいうと細々寄り道したので最後のアドミラルアーチの滞在時間がかなり短くなってしまいました。はじめはツアーの方と一緒だったのに気づけば日帰りのお客さんはほとんどいなくて帰り道かなり飛ばしました。笑

上記のおすすめは全て道順です。全てまわると時間がかつかつなので私のおすすめはこんな感じになります。

10:00 ペネショー

↓ 1時間(移動)

11:00 シールベイ

↓ 40分(移動)

12:40 marron&cafe

↓ 40分(移動)

14:20 ハンソンベイ

↓ 30分(移動)

15:30 リマーカブルロック

↓ 10分(移動)

16:10 アドミラルアーチ

↓ 2時間(移動)

18:30 ペネショー

こんな感じです。時間に余裕のある方はリトルサハラを入れてもいいと思います。通り道にありますので。ビボンヌベイとビジターセンターはスルーでいいです。そしてmarron&cafeに行く時間がない方はおすすめしたrustic blue gallery&cafeでランチがいいです。こちらも通り道です。フェリーの中でマップがもらえますので目印をつけて効率よくまわれば何か所も行けます。

まとめ

意外とカンガルー島は観光スポットが多く、移動時間もあるので日帰りだと内容がぎっしりつまった感じになります。宿泊するならさらに多くの観光場所へ行けそうです。せっかくの観光ですので事前に行く場所を決めて余裕をもって移動するのがこつですね!

アシカとたわむれすぎた私たちは帰り道車を飛ばしましたが、帰宅に限ってハリモグラやトカゲ、カンガルーが飛び出してきたのでトラップなんじゃないかと怯えました。笑 幸いなことにひくこともなかったし車も綺麗な状態で返却したのでよかったです。皆さんも楽しいカンガルー島ライフをお過ごしください 🙂 

カンガルー島の現地ツアーならこちらおすすめです↓現地の会社が厳選したオリジナルツアーからマニアックなものまで!!とにかくお得です!↓↓

オーストラリア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280