オーストラリアのタックスリターン自分でするか代行でするか早期でするか比較【ワーホリ】

こんにちは。ホリ得です。6月にビザが切れ7月のタックスリターンの時期には帰国しているのでオーストラリアにいません。日本にいながら自分でするか税理士に頼むか、それとも早期で手続きするか悩みました。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて比較したいと思います。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




タックスリターン

毎年7月になるとタックスリターンでざわざわし始めます。会計年度は7月1日から翌年6月30日までの期間です。7月から申請を開始し、10月31日までに申告していなければなりません。

期間中に支払った税金の計算をし、追納なのか一部戻りになるのか調整していきます。登録先住所に雇用主からPAYG Payment Summaryが届くので、届かない場合は雇用主に問い合わせをしましょう。

ちなみに私はPAYG Payment Summaryが届く頃にはビザが切れているので受け取ることができません。私はメールアドレスにPAYG Payment Summaryを送ってもらいました。

ちなみにタックスリターンと混同されやすいスーパーアニュエーション(年金)は全く別の話ですのでこちらで確認お願いします↓↓

オーストラリアのワーホリ必見!スーパーアニュエーション年金の返金には罠がある!自力で手続きしてみた結果
こんにちわ。ホリ得です。タックスリターンは皆さんご存知でしっかり申告されているかと思いますが、実は同じく年金も積み立てされているって知ってま...

早期タックスリターン

7月のタックスリターンよりも早い時期に申告することも可能です。申告期間前に出国していて、オーストラリアに戻る予定がなくオーストラリアでの収入予定がない場合できるようです。

メリット

早めに申告できる

代理店であれば日本語対応可の税理事務所もある

デメリット

オーストラリアから退去しオーストラリアでの収入予定がない場合でないとできない

お金がかかる(書類が複雑らしく税理士への依頼が一般的)

税理士(代行)

一番安全かつ安心な方法です。個人で申告すると申告ミスをする可能性がありますが、税理士に依頼すれば全てやってくれるので便利です。

メリット

英語に自信がなくてもOK(日本語対応可の税理士事務所あり)

日本の口座に振り込んでもらえる(大手などはしてくれる)

帰国後でも申告期限が過ぎていても対応できる

時間の節約

デメリット

お金がかかる

自分で手続き(my tax)

個人で手続きも可能です。手続き自体難しいものではないので複雑な条件がなければ一番安上がりです。

メリット

手数料がかからない

デメリット

全て英語(英語での電話も必要)

申告ミスが起こった場合、自分で対応

オーストラリアの口座を閉じている場合、小切手での受け取りで換金手数料がかかる

細かい計算

雇用主から送ってもらったPAYG Payment Summaryだけでいいかと思ったら大間違いです!計算には銀行利息も含まれますので、利息が少しでもついていたら申告しなければなりません。

オンラインで確認するか、銀行窓口で確認する必要があります。利息額が大きい場合利息にもタックスがかかっている場合があるので注意が必要です。

経費に関しても申告でき還付対象になりますが、必ずというわけではないようです。ファームなどであれば日焼け止めや登録されたユニフォームなど。(車は高確率でみなされない)とにかく条件が厳しいのであまり関係ないかもしれないです。

結果

私の申告時期は旧制度と新制度の狭間でPAYG Payment Summaryが二枚届いたのと、制度のかわりめで非居住者扱いになる可能性が高かったので税理士に頼みました。

【悲報】オーストラリアのバックパッカー税の新導入で収入が減る。追納や罰金の可能性も!
こんにちわ。ホリ得です。私がオーストラリアで仕事をしていたのは丁度バックパッカー税の変更のはざまでした。コロコロ変わる内容に実際どうなるのか...

日本にいたので早期タックスリターンにしようかと思いましたが、7月まで待って通常のタックスリターンの申請をしました。その時期すでにビザは切れていましたが問題ないようです。

私の申告時期は先述したように人によっては追納になったり罰金になったりかなり厳しい結果になっていたので、信頼できる税理士(しっかり戦ってくれる方)を紹介してもらいお願いしました。

EZY TAX ONLINE

日本人が一番知っている有名な税理士事務所だと思います。日本語で電話できますし、メールでのやり取りも早いので疑問があれば問い合わせるといいです。親切です。良心的な値段で依頼しやすいのもおすすめ!

Ezy Tax Online はオーストラリアを拠点とする日本人経営の有資格の登録税理士、公認会計士事務所 Ezy Tax Solutions による個人タックスリターンからビジネス決算、起業支援までを行うオンライン登録税理士、公認会計士事務所です。

EXPRESS TAX

日本語対応可能でスムーズなタックスリターンがポイントです。こちらも有名だと思います。私の周りはこの二つのどちらかでした。

The Quick & Easy way to get your Australian Tax Back in 7 days. Backpackers & Travellers specialist. No-refund-No-fee policy. Safe & Secure tax back. Maximum Re...

まとめ

結局知り合いに紹介してもらった個人代理店の方に申告手続きをしてもらいました。上記であげた二社にも問い合わせをして良さそうだったので検討していたのですが、紹介の方が安かったので決めました。笑 しっかり手続きしてくれたし満足です!!

個人でも代行でもメリット、デメリットはあるので自分にあいそうな方法を選んでしっかり申告しましょう!申告しないのが一番の問題で罰金になる可能性もあるので気をつけましょう 🙂 

オーストラリアでしか体験できないアクティビティーが好きな方にオススメ!目玉商品もあるし現地価格で安いので見る価値ありです!開くと日本語に変換されます ↓↓

オーストラリアとニュージーランドのオプショナルツアー、アクティビティ、アトラクション・チケットを、手数料無料でオンライン予約

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280