オーストラリアで携帯どうする?プリペイド?現地SIMを契約するならこれ!!徹底比較してみた【比較】

こんにちわ。ホリ得です。オーストラリアについて大事なこと!そう、連絡手段ですね。比較的フリーWIFIが飛んでいるのでそんなに困ることはないのですが、仕事を探したり手続きが必要なときには繋がる番号が必要になります。今回はオーストラリアに出回っているSIMをメジャーなものからマイナーなものまで徹底比較してみたいと思います。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




4種類のパターン

まずは携帯の本体をどうするかです。

①日本からシムフリー携帯を持ってくる。 

元々シムフリーの携帯をお持ちの方はあとは現地で生活パターンにあったシムを購入するだけです。また、これから海外に頻繁に行かれる方もシムフリー携帯を購入しておくのも一つの手です。日本で販売しているシムフリー携帯は安くて性能がいいです。お持ちの携帯がシムフリーなのかどうか契約先に聞けばできる場合もありますので確認してみて下さい。

②オーストラリアでシムフリー携帯を購入する。 

オーストラリアに売っているシムフリー携帯って高いです。おもちゃみたいな機種でも1万円くらいします。電波も入りにくいし、画質も何年前!?って感じになります。(経験談)

電話やメールくらいならいいのですが、それなら日本で1万円くらいでいいシムフリー携帯がかえるので私はそちらをおすすめします。

ちなみに日本でシムフリースマホを1万くらいで購入しましたが、画質もサクサク具合も問題なくストレスフリーでした。笑 今は安くて使いやすいシムフリースマホが沢山あるので渡航前に準備したほうがおすすめです。↓↓

③プリペイド携帯を購入する。 

シムフリー携帯を日本で準備してくるのを忘れてた!や、オーストラリアで端末購入はちょっと高い・・と感じた方。安心してください。安い端末あります。それはプリペイド携帯です。テルストラ・オプタス・ボーダフォンの3社は自社のプリペイド携帯を販売してます。$40から売ってたりしますので端末も高くはないです。

ただ、会社に紐づいた携帯なので他社のシムが使用できません。オーストラリアだけ使用するならいいのですが、日本や他の国でも使いたい方や、シムを他の会社に変えたい場合は利用できなくなるので注意が必要です。

④WIFIを持ち歩く、レンタルする。 

日本からレンタルWIFIやレンタルスマホを契約する事もできます。一日あたりの容量と金額が決まっているのでわかりやすいです。携帯を新しく購入したり契約したりしなくていいので短期旅行や手続きが面倒な方にはおすすめです。ただシムに比べると高くなってしまいます。

シムフリー端末を購入する予定がなく、日本のサポートがしっかりしている方がいいという方はこちらがおすすめ↓

イモトのWi-Fiは全額無料サービス、品質の高さで人気があります。海外でもよく見かけるので試してみるのもオススメです。

sim比較 

今回は①、②の方を対象にシムフリー携帯をお持ちの方にピッタリのシムをご紹介します!オーストラリアにあるほぼ全てのシムだと思います!

テルストラ(telstra)

オーストラリアで一番有名かつ、人気の会社です。田舎の地域もカバーしているのでどこでもつながる印象です。

プラン

オーストラリア シム 比較

契約してから28日有効です。プランは3つ($30.$40.$50)で、金額に対して使用できるGBが決まっています。期限内に使い切ってしまうとチャージをすれば使用できるようになります。また、28日がたったあともお好きなプランを更新すればまた使用できるようになります。

メリット

国内電話無料($30は$700までは他社同士無料で、テルストラ同士は無制限で無料)

テキスト無制限

国際電話無制限($40以上のプランです。ただし日本は対象外・・)

フリーWIFI無制限(テルストラはどこでもフリーWIFIの電波を飛ばしています)

キャンペーンが豊富(GB2倍サービスなど)

速度が速い、田舎でもつながる電波網

デメリット

使用できる容量(GB)が少ない

向いてる方

電波が大規模に広がってますので田舎方面の方でも大丈夫!また金額も高すぎず、安すぎずなので使用しやすいかと思います。容量が少ない分、街中にはテルストラ契約者専用のWIFIが飛んでいるのでカバーできると思います。

オプタス(optus)

こちらも有名です。テルストラとオプタスがオーストラリアではメジャーではないでしょうか。

プラン

オーストラリア シム 比較

テルストラ同様28日契約で$30からあります。ただ、オプタスはGBの容量が大きいので$30のプランでも3GBついてます。また、1日$2で500MBまで使用できるプランもあるので短期の方にもおすすめです。28日以降契約更新できますし、その際プランも選択可能です。容量オーバーした場合はチャージすれば使用できます。

メリット

GBの容量が大きい

国内電話無料

テキスト無料

国際電話無料(日本も含まれてます)

短期でも使いやすい

頻繁にキャンペーンをしている

デメリット

場所によってはつながらない、遅くなる

向いてる方

容量がほしい方や、短期のみ契約したい方むけです。28日もオーストラリアにいない場合は$2のプランがありますし、海外の方は結構オプタスを利用しているイメージがあります。

ボーダフォン(vodafone)

聞きなれた名前ですね。笑 こちらも有名で市内にいくと大きな店舗を見かけたりします。この3社が日本でいうソフトバンク・ドコモ・AUの位置づけではないでしょうか。

Secure a new mobile phone, modem or tablet with a great value plan.

プラン

オーストラリア シム 比較

$10から$60まであるのでプランは幅広く取り扱っています。注意してほしいのは契約期間です。$10は1週間なので28日契約をしたい場合は$30からになります。こちらも契約更新、超過後はチャージ可能です。

メリット

国内電話無制限

テキスト無制限

1週間使用ならオプタスより安い

デメリット

国際電話の使用は$50のプランから(日本は含まれない)

キャンペーンはほぼ行っていない

繋がりにくい場所がある

向いてる方

短期で安くすませたいかたです。

ブースト(boost)

個人的には一番おすすめです。テルストラの回線を使用している会社なので速度は早いです。田舎でも割とつながります。

Boost Mobile prepaid phone plans on the Telstra 4G mobile network can be found here. Boost is no lock in, easy to set up and you can keep your old number.

プラン

オーストラリア シム 比較

1週間使用であれば$10で契約できます。それ以外は28日契約になります。注目してほしいのはGBです。他社に比べてかなり容量があります。これは毎週金曜日に1GBプレゼントし、日曜まで3日間使用できるGBのことです(週末イベント)。

ですので毎月4回もらえるので基本3GB+プレゼント分4GBを足して7GBになるということです($30プランの場合)。週末のみのプレゼントですので1GB使い切れなかった場合でも持越しはできないですし、1GBをすぐに使いきった場合は基本のGBの消費になります。契約更新、超過分のチャージ可能です。

メリット

国内電話無制限無料

テキスト無制限無料

GBが大きい

回線はテルストラを使用

デメリット

電波が繋がりにくい場合がある

国際電話無制限は$40のプランから(日本は含まれない)

向いている方

安くで容量が沢山ほしい方におすすめします。また、週末に結構外出し携帯を使用する方にもおすすめです。

amaysim

読み方がわかりませんでした。知る人ぞ知るマニアック(!?)なシムだと思います。今まではブーストが最安で容量たっぷりのシムだったのですが、(以前は$20で5GB・・)ブーストが値上がりし、こちらが現状28日契約で最安となります。

amaysim is now bringing simplicity, convenience and great value across mobile phone plans, home internet, energy and tech devices.

プラン

オーストラリア シム 比較

28日契約で約$25からあります。約$30であれば3GB使用できます。容量はやはりブーストが一番強いですね。価格でいえばこちらといった感じでしょうか。もちろん契約更新、超過分のチャージはできるので継続して使用可能です。

メリット

国内電話無制限

テキスト無制限

国際電話無制限(日本含まれない)

価格が安い

デメリット

短期プランがない

キャンペーンがない

向いている方

28日プランを最安で利用したい方です。あまり容量を使用せず、普段WIFI環境の方にはおすすめです。

総合的にどれがおすすめか 

1週間未満

海外旅行で1週間未満の方はオプタス$2/日がおすすめです!1日たっぷり500MB使用できますし、回線も安定しているのでよっぽどな田舎でないかぎり問題ないです。

1週間~28日未満

1週間の使用であればブーストです。容量1GBで$10ですから、金額でいえば安くおさえられます。それ以外の日数になってくると逆に$30で28日契約のシムのほうがよかったりします。オプタスだと15日使用で$30になりますから。日数と金額で計算して短期のシムにするか28日契約のシムにするか考えなければなりません。

28日以上

基本料金はどこも$30からです。WIFIが利用できる環境ならamaysimが金額でいうと最安です。WIFIもなく、外出も多い方はブーストシムをおすすめします。テルストラは有名で外出先でもWIFIが飛んでいるので1.5GBの容量でも問題なさそうですが万が一テルストラWIFIが利用できない場合1.5GBだと結構きつかったりします。

ブーストの$30でトータル7GBはシムの中でも一番の容量です。テルストラやオプタスがたまにGB2倍キャンペーンをしてますが、2倍にしてもブーストの容量にはかないませんし、キャンペーンは初月だけだと次の月は容量も戻ってしまうので、安定した容量を求めている方はブーストシムがおすすめです。

裏ワザ!ねらい目はスーパー 

オプタスとテルストラは頻繁にキャンペーンをやっているのでブーストよりも条件がいい場合があります。オーストラリアで有名なスーパーにコールスという所があって、そこは独自でキャンペーンをやっていたりします。

例えば最近私が見たキャンペーンだと、コールスとオプタスが提携したシムが販売されていて、そのシムを購入した場合$20で3GB(28日)でした。

ウールワースというスーパーは独自のシムを販売したりします。価格や契約内容が不明だったため割愛します。笑 アルディは同じく独自のモバイルシムを出してますが、こちらは電話かネットで契約のようだったのではぶきました。金額的には安かった印象があります。私のおすすめはコールスです。頻繁にオプタスのキャンペーンをしているのでオプタスシムを考えている方は一度足を運んでみてください。

また、テルストラはスーパーと提携してシムを販売しているわけではないのですが、キャンペーン中のシムをスーパーでおいてたりします。これはテルストラの店舗で購入してもスーパーで購入しても同じ条件ですが、スーパーによった際はテルストラのシムも確認することをおすすめします。

お近くのスーパーのお得情報ならこの記事を確認下さい!HPあります↓

オーストラリア主要スーパー4選!物価は高くない?これさえ押さえれば節約上手!ポイントカード必殺法
こんにちわ。ホリ得です。オーストラリアに住んでいるとよく同じスーパーばかり目にします。ラウンドしていても同じ。日本だと地方によって見たことな...

まとめ 

上記にあげたシム以外にもマイナーなシムはあります。ただ、電話契約やネット申し込みなど手続きが面倒な感じがしたのではぶきました。スーパーや店舗にいけば直接シムが売っているので購入後はご自身の携帯にセットすれば使用できます。

国内電話やテキストは無制限と記入してますが、もちろん容量を使い切れば使用できなくなります。ただ、日本と違って電話するごとに金額がかかるわけではないので容量いくまで無料でできるのはいいですね。

また、使い切った後、発信はできませんが受信はできますし、WIFI環境にいけばネットも見れます。短期契約でも携帯電話番号が発行されるので仕事を探すのにも便利です。気に入らなければシムの会社を変更するのもありですし、ご自身の環境にあったシムをお試し下さい 🙂 

オーストラリアでしか経験できない事をしたい!今日は何して遊ぼう!そんな方にオススメ!現地のサイトで安くて最高なアクティビティが満載です↓↓↓

オーストラリア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280