【メルボルン】実は知られてない!パッフィンビリーにお得に乗る方法&見どころ5選!機関車トーマスといえばここ!

こんにちわ。ホリ得です。機関車トーマスのモデルになったと聞いて、どうしても行きたかった観光スポットがパッフィンビリーです。知り合いからも、メルボルンきたならここはオススメと言われて行ってきました!実は隠された情報がパッフィンビリーにはありまして、あまり知られてないと思います。今回そのお得情報もお伝えします!!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




パッフィンビリー所在地&行き方

メルボルンから1時間かからないくらいで行けます。場所はベルグレーブ(belgrave)駅がパッフィンビリーの始発駅となります。電車であればベルグレーブまで目指しましょう。

パッフィンビリーの乗車駅はベルグレーブ駅に直結していないので、少し離れた場所にあります。ベルグレーブ駅に到着して、パッフィンビリーの乗車駅がわからなければ駅員さんに聞いた方が早いです。

金額&時間 

主に有名な駅は3つです。

メンジーズクリーク駅(menzies creek)

最初の到着駅で片道30分($24)、往復1時間($32)ですので気軽に体験できる内容です。一番の見どころのトレッスル橋も通るのでおすすめです。

レイクサイド駅(lake side)

ツアー客の方がだいたい下車するのが中間あたりのこちらの駅です。片道1時間($33)、往復3時間($54)の割と時間に余裕のある方むけです。帰りの列車を待つので時間のない方や、ツアーの方は帰りはバスやタクシーで戻ります。

ジェムブルック駅(gembrook)

こちらはたっぷり列車を楽しみたい方向けになります。最終地点までいきますので時間はかかります。片道2時間($47.50)、往復5時間($71.50)となり結構しんどいです。ツアーではあまり見かけませんし、復路はバスやタクシーの利用もありですね。

ベルグレーブ駅から始発は10:30から出ており、最終時間は14:30となります。乗り場や時期によって金額や時間はかわりますのでHPより確認をお願いします。

Puffing Billy is Australia's premier preserved steam railway! Dangle your legs out of the carriages as you enjoy magnificent views of the Dandenong Ranges

パッフィンビリーのおすすめ5選

ここからは景観も内装も含めておすすめさせていただきます!!

無料で乗車体験 

パッフィンビリーは出発するまで自由に見学ができます。日本のように電子カードで入場ではなく、チケットで乗車の確認をします。出発時間が近づくまでは駅員もいないので、とくにチケットの確認はありません。

見送りの人や見学の人などもいるので出発するまでは写真をとったり乗車体験ができます。(←今の所)出発時間が近づいてきたら出たほうがいいでしょう。

少し疑問なのが、列車は連結していないので日本の電車のように内部から自由に行き来できません。チケットの確認も外で行っているので一度乗車し、発車したらチケットの確認する術がないですし、予約席以外は自由席なので駅員は誰がどこに座っているのか把握できません。

見送りと偽って出発まで席に座っていたら確認できないじゃんと思ってしまいました。運営継続のためにもチケットは購入しましょう!

パッフィングビリー

無料WIFI&日本語ガイドマップ 

鉄道内は無料WIFIが飛んでいます。景色に夢中で写真ばっかりとっていたせいか全然ネットを使用しませんでした。笑 

また、日本語のガイドマップがもらえますのでそれぞれのスポットの理解を深めることができます。ここがこのスポットですよ~とアナウンスは流れませんので、事前にみておいた方がいいです。気づけば通り過ぎていたこともありました。笑

トレッスル橋 

一番の人気スポットで写真撮影にもよく使われている場所です。ベルグレーブから発車して割とすぐにやってきますので、シャッターチャンスを逃さずに!!

そして、この景色は右側に座った場合に見れるスポットです。出発前に右側の席をとりましょう!!絶対おすすめです!!復路だと左側になります。

パッフィンビリー

足を出して乗車 

パッフィンビリーの醍醐味ですね!日本では考えられません。足と腕を投げ出して風にあたるのはすごい気持ちいいです!!手を伸ばせば木にふれられそうです。せっかくのったなら是非やってみましょう!!大人も子供も関係なくやってます。笑

トーマスとの1日 

こちらは予約が必要になるという事と、春と秋(オーストラリアの季節)にしか行っていない行事ですが、パッフィンビリーの途中駅にエメラルド・タウン駅があります。そちらでトーマスとトップハム・ハット卿に会える内容です。お子様には喜ばれそうなイベントです。

ここだけの話

私は最後の駅までいくより最初のメンジーズクリーク駅までで充分だと思いました。それは見どころの橋がメンジーズクリーク駅に到着するまでに確認できるし、何より足を出してのる乗車方法がなかなかお尻が痛い・・笑 自然を堪能したい場合レイクサイドまでいってもいいと思うんですが、乗車と橋がみれればOKという方は最初の駅まででも楽しめます。

更に復路になるとメンジーズクリークはあまり待たずにベルグレーブまで戻れるんですが、他の駅になると1時間列車をまったりします。私たちの場合は復路は人が多すぎて立ち席でした。ぎゅうぎゅうで結構大変でした。

帰りはメンジーズクリーク駅からであればタクシーで10分$13くらいでベルグレーブまで行けますし、公共バスでも行けるとのこと。バスは詳しく調べられなかったのですが、2名以上いる方はタクシーの方がやや安上がりかもしれませんし、さくっとベルグレーブまで帰れます。

そもそもパッフィンビリーに乗車するつもりはないけど見てみたい!という方!

出発前に写真をとったり乗車体験できると書きましたが、車からパッフィンビリーと足を出した乗客、トレッスル橋が全部まとめて撮影できるスポットがあります!!

車ですぐの場所なので、出発前に駅で撮影した後、車でスポットまで移動して列車がくるのを待ち構える!この方法があります。列車より先回りして何か所も撮影している強者もいました。笑

拡大して確認すると写真スポットになっているのがわかると思います。

まとめ

今回行ってみて思ったのがメンジーズクリーク駅の片道切符を購入して帰宅はタクシーでもよかったなと。笑 ただ、なかなか出来ない体験ができた上にすごく面白かったので参加してよかったです!!

やっぱり見るだけではなく乗車して体で風を感じる蒸気機関車というのを皆さんにもしてほしいです!!気を付けていただきたいのはメンジーズクリーク駅までの切符はなぜかHPで出てなかったり、not recommend(おすすめしない)になってたりします。

しかも店頭で切符を買う場合には看板に存在すらありません。なぜ!?笑 ですので、知らない人はレイクサイド駅までの切符を買うのだと思います。今回メンジーズクリーク駅で降りたのは私たちだけでした。

もし、メンジーズクリーク駅で下車したい場合は受付の店員さんにいえば販売してくれます。もちろんネットでも購入可能ですよ!!長く楽しみたい方はレイクサイド駅までの道のりもいいかもしれません 🙂 

一緒にワイナリーの観光も考えてる方におすすめの記事です↓

【メルボルン】ヤラバレーワイナリー&パッフィンビリー鉄道を1日でまわってみた。行き方&観光おすすめスポット6選
こんにちわ。ホリ得です。メルボルンにきたら是非とも行ってほしい場所!!ヤラバレー&パッフィンビリー。ヤラバレーには沢山のワイナリーがあるので...

オーストラリアでしか経験できない事をしたい!今日は何して遊ぼう!そんな方にオススメ!現地のサイトで安くて最高なアクティビティが満載です↓↓↓

メルボルン現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280