【タスマニア】クレイドルマウンテン1日で見どころ全部まわる方法と注意点!行き方&登山の真実

こんにちわ。ホリ得です。タスマニアのメインの観光といえばクレイドルマウンテンではないでしょうか!!そんな中クレイドルマウンテンに幾度と挑戦し、見どころを全部抑えた周遊の仕方と必ず読んでほしい注意点をまとめましたのでご参考に!!

タスマニア随一といわれる絶景が拝める場所であり、世界遺産に登録されている原生地域の一つです。太古から生き続ける固有種の植物が生い茂り、空気はみずみずしくタスマニアならではの動物たちの生息地でもあります。特に山の手前にあるダブ湖は必見です!!

行き方 

主要な都市から向かう場合、ダブ湖の目の前まで行くには下記の時間が必要になります。もちろんアクセスは車になります。

デボンポート1時間30

ローンセストン2時間30

ホバート4時間

ツアーやレンタカー自家用車のどれかになるかと思いますが、所要時間を見るとホバートからは距離がありますので、おすすめはデボンポートです。付近にはホテルが沢山ありますので便利な街です。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




クレイドルマウンテン注意点

クレイドルマウンテンはかなり広大でトレッキング内容によっては1日がかりになる可能性もあります。最初にやるべき注意点があります。

ビジターセンター 

クレイドルマウンテン ビジターセンター

国立公園入園料

ダブ湖に行く前に必ずビジターセンターを通過します。国立公園の入園チケットをお持ちでない方はそこで購入します。

【タスマニア】国立公園は入園料が必要?注意しなきゃ大変なことに!?必ず必要なものとは!
こんにちわ。ホリ得です。タスマニアには国立公園が19もあります。その中には世界遺産にも認定されている場所もありますし、見どころ満載です。今回...

安否確認

もし長時間のトレッキングや頂上を目指して登山する場合は念のため記入する紙があります。記入するかしないかはご自身の判断になりますが、心配な方は名前と住所と連絡先を書いていた方がいいです。また、記載したら戻ってきた時に自分の名前を消して無事を知らせます。

駐車場

ダブ湖の目の前には駐車場がありますが、晴れている日はかなり混みますのでビジターセンターに車をとめる場合があります。

ダブ湖の駐車場に行くためには2つめのビジターセンターを通過しなければなりません。そこにはゲートが設置されていて、入園チケットがないと入れないですし(入場できたとしてもばれたら罰金対象)、また、満車だとゲートが開きません。1つ目のビジターセンターに戻らなければならないので1つめのビジターセンター受付で確認する事をおすすめします。

シャトルバス

ダブ湖目の前に駐車ができないとなると、歩いて行くかシャトルバスを利用するかになります。車だとビジターセンターからダブ湖までは15分くらいですが、歩いてダブ湖まで行くと2時間くらいかかりますのでおすすめできません。一応歩く方用のコースも設置されています。

シャトルバスは入園チケットを購入、もしくは他の場所で購入した国立公園共通チケットを見せれば無料乗車チケットをくれます(最初のビジターセンターで)。ないとバスに乗せてもらえないので注意して下さい!

1つ目のビジターセンターに車をとめてバスにのるか、1つ目のセンターでバスチケットだけもらって、2つ目のセンターに車をとめてそこからバスにのるかになります。ただ、2つ目のセンターで乗車する場合、満車だと乗れないので私は1つ目のセンターから(始発なので)乗車することをおすすめします。

10分間隔で時期にもよりますが、18時がダブ湖から出る最後のバスになります。その最終バスを逃すと2時間歩いて駐車場まで帰る事になります!!

天気 

これは前日から調べていた方がいいですが、クレイドルマウンテンはかなり不安定な天候です。前日までは晴れと表記されていたのに、当日はくもりや雨になったりします。聞いた所、1週間に1回くらいの割合で晴れるみたいです。ただ、私は晴れるまで10日間待ったので、こればかりは運とタイミングな気がしました。

曇りの日と雨の日と晴れの日全て行きましたが、雨は寒いし湖は黒いのでおすすめできません。曇りは肌寒いですが空気は美味しいですし、トレッキングもできます。けれど一番は晴れの日ですので晴れた日になるように願いましょう!!

持ち物

長袖

晴れの日は半袖もしくは軽く長袖を羽織る程度でも大丈夫ですが、曇りやまた夕暮れに近づくと一気に冷え込みます。軽い周遊コースであればタンクトップの方もいたので当日の気温を見て判断でもいいですね。ただ、私は登山をしましたが、太陽が出ている間は半袖で問題ありませんでした。体力を使うので逆に暑いくらい。笑 下山の途中に日が暮れてダウンをはおりました。念のため長袖は準備しておきましょう。

トレッキング系の靴

簡単な周遊コースであればサンダルの方もいました。本格的なコースであれば履きなれた靴で行きましょう!信じられないような道なき道を歩きますので!!

日焼け止め

日差しが強いので日焼け止めや帽子など対策をしましょう。登山の途中は全く日陰がなくなります。

水・食事

ビジターセンターを過ぎると購入できる場所がなくなります。水は必ず持っていきましょう。また、ダブ湖周辺には湖を目の前に座れる場所もあるので、ピクニックをしている方もいました。登山コースの方は適当な場所で持参した軽食を食べてる方も多かったです。

モバイルバッテリー

クレイドルマウンテンの頂上は意外と携帯が繋がります。しかもLTE!!笑 何かあった時のために充電満タンで用意しましょう!

周遊の仕方

クレイドルマウンテン 地図

マップを見ていただければわかると思いますが、頂上にいくためにはいくつかのルートがあります。時間やレベル、見どころの情報はビジターセンターに看板がありますので確認することをおすすめします。

私は今回5つのスポットに行くと決めていました。

ダブ湖(クレイドルマウンテンのメイン)

マリオンズルックアウト(周辺全ての湖がみわたせる絶景ポイント)

キッチンハット(玄関が2か所ある珍しい小屋)

クレイドルマウンテン頂上(せっかくなら挑戦したい)

ウォンバットプール(野生のウォンバットが高い確率で見られる)

これら全てを1日でみるために、効率よくまわるとしたらこのようなトレッキングコースになります。

dave lake circuitmarions lookout link tracksummit trackwombat pool trackです。コースは上記マップを拡大するとコース名が確認できます。

各コースの押さえておきたい特徴

dave lake circuit 

ツアーだとこちらのダブ湖1周コースがほとんどだと思います。2時間くらいで1周できますし、道も綺麗なので年齢問わず歩きやすいです。様々な角度からダブ湖をみることができるのでこのコースは絶対に取り入れてほしいです。途中glaciet rockという岩が出てきますので、その岩にのぼってみわたすのがおすすめです。

所要時間2時間 難易度 軽

marions lookout link track

ダブ湖1周している途中にこのトラックの看板が見えてきます。こちらのトラックはマリオンズルックアウトまで直接つながる短いコースなのでマリオンズを目指す方にはおすすめです。しかし!!湖から垂直にあがるような道なのでかなり大変です。30分くらいでいけますが、でこぼこの岩道で鎖をつたり、岩をよけながら進んでいかなければなりません。

体力に自信がない方は遠回りをしながら目指すコースもありますが、時間短縮を考えている方は30分ふんばりましょう!笑 肝心なルックアウトはすごく綺麗だったのでご自身の目で確かめて下さい 😉 

所要時間30分~ 難易度 中

kitchen hut

キッチンハットはクレイドルマウンテンの山頂を目指す途中に出てきますし、先ほどのマリオンズルックアウトからも30分くらいで行けます。道のりも綺麗で景色も空気も素晴らしいのでせっかくなら行ってほしいです。トイレも近くにありますし、キッチンハットの中に入ることも可能です。

所要時間30分以内 難易度 軽

クレイドルマウンテン キッチンハット

summit track 

キッチンハットからクレイドルマウンテンの頂上にむかって登山していきます!!いよいよですね~!!実はあまり登山している方っていないんです。それは難易度が高すぎるから。まず、おすすめされないし、女性よりも男性向きです。約片道2時間!行ける場所まで挑戦しましょう!

序盤 開始から30分

サミットまでの道のり。綺麗です!!麓から登山をはじめて30分くらいはゆるやかで足場も安定しているのでサクサクすすみます。女性でも問題なしです。

難易度 軽

クレイドルマウンテン登山

中盤前半 開始から1時間

登山のはじめは楽にすすめます。なんだ意外と楽勝じゃん!となります。楽しくおしゃべりしたり写真を撮影したり盛り上がります。しかし30分過ぎ頃になると足場が不安定な場所があったり、急こう配が激しかったりやや怖くなります。見下ろすと高い位置にいるのでだんだん不安になります。

難易度 中

クレイドルマウンテン 登山

中盤後半 開始から1時間30分

あきらめました。笑 どうやって登るんだ!!という岩があらわれるし、女性1人の力では登れません。自分の背丈以上に高い岩があって腕の筋肉を使って登らないといけないです。(イメージは命綱のないロッククライミング)

踏み外したらと考えると怖くなります。ここでエアーズロックに登山した時の事を思い出しました。急こう配なのになぜ鎖がないんだ!とその時思ったけど、ここの方がよっぽどひどいです。笑 こんな危ない登山、日本では考えられませんー!オーストラリアおそるべし。

難易度 高高

クレイドルマウンテン 登山高すぎるよ・・怖いよ・・

終盤 開始から2時間

しかし!!ここであきらめなかったのが私の相方!!一人でも頂上に行くと決意し、私は岩の間に座って待つことにしました。本人いわく、どんどん石が大きくなって難易度があがると言ってました。この日は晴天だったからいいけど、雨や雪が積もっていたら足場が危ないから無理と。

あと、視界が悪い日もやばそうと。鎖もライトもないので日が暮れたらかなりやばいです!!気温がいっきに下がるので注意が必要です。

頂上はすごく見晴らしがよく、気持ちよかったみたいです。しかし下を見下ろすと垂直な崖だったといってました。スリル好きな私からすると写真をとってきてほしかったのですが、風もあって危ないから無理だったみたいです。

難易度 激高

クレイドルマウンテン 登山うらやましい~!!

wombat pool track 

麓から頂上までは2時間くらいでしたが、下山は結構楽だったので1時間30分かからないくらいで麓につきました。行きに通ったマリオンズルックアウトまで戻り、少しすすんだ場所にウォンバットプールトラックがあります。

近道のため行きはmarions lookout link trackという激しいコースを利用しましたが、帰りはすごく楽な道のりです。距離は長くなりますが、道は舗装されてる場所が多いですし、ゆるやかなので子供でも大丈夫です。

ちなみに肝心なウォンバットにはあえませんでした!!笑 遭遇率も高いと聞いてたし、触った人もいるみたいで楽しみにしていましたが残念!! 何もいない湖をながめました 😥 

失敗談 

晴れの日は混みますので早めにいってもダブ湖の駐車場ゲートは閉まっている場合が多いです。ダブ湖の駐車場がガラガラでも人が多いと閉まってます。皆さんたまにしかない晴れを狙っていますので仕方ないです。。私たちも同じく通過できなかったのでビジターセンターに車をとめてシャトルバスでダブ湖の目の前まで行きました。

誤算だったのが帰りのシャトルバスに乗れなかったことです 😥  山道は思い通りにいかないので、休憩する予定のない場所で休んで時間を消化したり、予想以上に難易度の高い登山に時間がかかったりしました。

結果、ダブ湖からの最終バスを逃す羽目に!!ダブ湖に駐車していれば問題ないのですが、ビジターセンターは歩いて2時間・・夜になると街灯なんて当然ないので危ないです。あんなに人がいたのに最終バスを過ぎると人がいなくなります。そういう時の選択肢は2つ!

ヒッチハイク

ヒッチハイクしながらビジターセンターに向かうのもありですし、ダブ湖に遅い時間やってきて駐車している人に(午後になればゲートがあくので)頼んで送ってもらうかです。

歩く

駐車している車もない!人もいない!!となってしまった場合は歩きましょう。野生動物がかなり出ますので気を付けて下さい。

ちなみに私たちは駐車している車はあるけど、トレッキング中なのか車内に人がいない車が多く近くを探しても歩いている人が探せなかったのでビジターセンターまで歩きました。けれど、2時間後は真っ暗になっている可能性もあってウォーキングコースは森林の中ですから車道を歩きました。(危ないのでおすすめしません)

ウォーキングコースだと完全に隠れてしまいヒッチハイクができないので車道を歩きながら車が通ったらお願いしようという感じです。

運よくビジターセンターのスタッフさんが通りがかりに乗っけてくれたので助かりました!!車を遠い場所にとめている方は帰りのシャトルバスの時間までには下山することを強くすすめます。

まとめ 

トータル周遊にかかった時間は8時間です。駐車の時間や帰りのヒッチハイクの時間はのぞいてトレッキングのみの時間です。もう少し時間配分を上手にできていれば帰りのハプニングはなかったので、登山する方は10時間まえなど早めに到着したほうがいいです。

結果としては全て体験できたので満足です。帰り道野生のウォンバットを車道で発見できたし、沢山のカンガルーが出没したので楽しかったです。ダブ湖1周もおすすめですが、登山もなかなかスリルがあって経験できてよかったので是非行けるとこまで挑戦してほしいです!!

クレイドルマウンテン

タスマニアのツアーを検討されてる方は現地価格のこちらのサイトがおすすめです!!セール商品もあるし私もよく利用しています。時々目玉商品もあるので見る価値ありです!↓↓

タスマニア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280