【ケアンズ】グレートバリアリーフ行くなら絶対ここのスポット!ダイビングやスノーケルは格安ツアーで決まり!

こんにちは。ホリ得です。ケアンズといえばグレートバリアーリーフですね!ケアンズに滞在中絶対に行きたいスポットだった私たちはどこがいいのか地元のオージーや観光インフォメーションなどを利用して聞きまくりました!今回、大満足いくダイビングやスノーケルができたので皆さんにもおすすめしたいと思います!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




グレートバリアリーフって?

オーストラリア東海岸に2600㎞も続く世界最大のサンゴ礁です。海は透明度が高く世界遺産にも登録されている場所です。グレートバリアリーフには1000もの島が点在しているらしくほとんどが無人島です。

ケアンズから行けるグレートバリアリーフ

船を使って行くグリーン島、フィッツロイ、ミコマスケイ、ポントゥーンなどが有名かと思います。

グリーン島

サンゴでできた島らしい。ケアンズから船で45分くらいで行けるので日帰りも可能。

フィッツロイ

熱帯雨林の島で島全体が国立公園になっている。森林浴をしながら海で遊べる島。

ポントゥーン

グレートバリアリーフ外側のエリアでサンゴ礁が集まっていることで有名。海の透明度も他に比べると高い。

それぞれの島でマリンアクティビティが可能ですが、注意していただきたいのが、ポントゥーンです。ポントゥーンは各マリン会社が所有する人工浮島なので個人ではいけないです。必ずツアーに参加しないといけません。

ダイバーおすすめの場所は?

他にも沢山島はありますが、有名どころで行きやすい島を3つあげました。このあたりがパンフレットやツアーによく組み込まれていると思います。その中でも、ダイバーや地元のツアーガイドがすすめていたのがポントゥーンになります!!

ポントゥーンを所有する会社によって潜るエリアが決まってるみたいなんですが、だいたい、ノーマンリーフ、オイスターリーフ、ミルンリーフ、エイジンコートリーフ、モアリーフのどれかになると思います。

各特色としては、ノーマンがウミガメスポットで、オイスターが色々なサンゴ、ミルンが大物な魚、エイジンが魚の数が多く、モアが初心者むけの海といったイメージとのことです。ポントゥーンに行かれる方はこのあたりも聞いておくといいかもしれないですね。

その他おすすめツアー

ポントゥーンをおすすめしている人が多かったのですが、実はポントゥーンを利用しなくてもポントゥーンエリア(アウターリーフ)には行けます!日本のツアーや地元のツアーでも取り扱っていて人工浮島に停泊せずそのまま船からダイブするツアーです!

私たちもこのタイプの船を予約し、アウターリーフに行きました。船の種類によってはグラスボトム(ボートの下が透明)やバーベキュー付など様々なサービスを行っていたりします。

実際グレートバリアリーフはどう?

いくつかツアーパンフレットを確認し、今回は日本人ガイド付き、朝食、昼食、デザート、ダイビング2本にシュノーケルし放題のツアーにしました。一人当たり$250!まぁまぁ高いかも・・?

実際グレートバリアリーフのポイントまで行き、今回はノーマンリーフのウミガメと洞窟があるスポットで2本のダイビングとなりました。

天気は良好!海の透明度も抜群!さぁ準備は万端!・・・となるはずですが、かなり船が揺れたため私の体調が絶不調!笑 船の上でもおえーとし、ダイビングからあがってもおえーー笑

なぜかグレートバリアリーフに向かう船は揺れるらしく、他の方に聞いてもどこの船も同じくらい揺れるとのこと。酔いやすい方は酔い止め必須ですよ!

長くなりましたが、海はかなり綺麗でした!!魚も沢山いたし、綺麗な色のサンゴもいましたよ!私はお目にかかれませんでしたが、一緒に潜った人は、ウミガメ、サメ、エイに遭遇したそうです。

グレートバリアリーフこれから洞窟へ・・

ちなみにシュノーケリングでも色んな魚がみれて面白かったです!ダイビングはちょっと・・という方はシュノーケリングのみでもいいかと思います!私のおすすめはもちろんダイビングですが 😉 

グレートバリアリーフシュノーケリングをした際の写真ですが、魚がいない写真ですね。笑 サンゴの向こう側に魚がいたのに私の撮影技術が伴わず・・

英語ツアーと日本語ツアーどっちが安いのか

海で遊ぶとなると結構お金がかかりますよね。ダイビングとなるとなおさらです。今回私は日本人のガイドがいる船を選びました。それは海のポイントや注意事項をしっかり聞きたかったから。あと、海が怖いってのもあってダイビング中は日本人ガイドが付き添うタイプにしました。笑

金額でいうと日本語対応のツアーよりも英語オンリーのツアーの方が安かったりします。一人当たり$50から$100くらい安くなったりするので金額を抑えたい方は英語ツアーでいいかと思います。

日本のサイトにはないツアーもあったりするので、値段を抑えたい方は現地の案内所にて紹介をうけたほうがいいです。ケアンズの中心街だと割とどこでも観光案内をしているのですぐ見つかると思います。

実際海の中では言語関係ないですし、安くて内容が濃いプランが結構あったりします。けれど、日本語対応のツアーも早めに予約をすればそんなに高くはならないので、日にちが決まっている方とかは早めに予約できるなら日本語ツアーもおすすめです。

実は私たちは天気をうかがいすぎてギリギリに予約しました。そうなってくると、目をつけていた日本語ツアーがどこも満席状態で、結構高めのツアーしか残っていないことに気づきました。

前述した$250のツアーですが、早めに予約をしていれば$200くらいでできたし、英語ツアーだと$190でもう少し条件のいい内容だったので少し高くなっちゃったなと思いました。それでも海が不安だったので$60プラスで日本人ガイドつきなら安い!と思い決行しました。

グレートバリアリーフ ツアー

まとめ

今回船酔いが激しく(普段は酔わないのに)体調が思わしくなかったけれど、思い出としては最高でした!ランチもおしゃれだったし、海も綺麗でまたグレートバリアリーフで潜りたいと思いました。

次回は日本語対応ツアーを早めに予約をするか、それまでに海の恐怖心を軽減できれば英語ツアーでコストを抑えていきたいと思いました。

アウターリーフのノーマンリーフに行きましたが、ガイドさんいわく、アウターリーフは沢山のスポットがあるとのこと。その日の海のコンディションで潜るスポットを決めるみたいなので他のスポットも気になるとこです。ぜひ皆さんもアウターリーフへ行かれてみてください!!酔い止めは忘れずに!!

グレートバリアリーフ

オーストラリアのツアーや現地でしか経験できないアクティビティを考えてる方にオススメ!素晴らしい旅の思い出ができます。最安プランがあったりするので見る価値ありです! ↓↓

ケアンズ現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280