TENETのクリストファー・ノーラン監督が送るダークナイト・トリロジー最終作『ダークナイト・ライジング』を語る。ネタバレ解説あり。

こんにちは、ホリ得です!

 ダークナイト・トリロジーの完結作『ダークナイト・ライジング』について語りたいと思います。
 今回の敵はトム・ハーディ演じるベイン。前作のジョーカーほどではないですがバットマンの悪役では有名なベイン。演じるトム・ハーディはクリストファー・ノーラン監督作品にはよく出ていますし、『マッドマックス 怒りのデスロード』や『ベノム』では主役なので知っている方は多いですね。そしてアン・ハサウェイ演じるキャットウーマンも登場しメインキャラクターとして登場していますので内容の良さだけでなくバットマンファンを唸らせる傑作映画です。
 原題は『The Dark Knight Rises』。ライジングというよりライジーズですかね。闇の騎士が立ち上がる、といったところでしょうか。

 今ならアマゾンプライム無料期間で観れますの下記から是非どうぞ!


ダークナイト ライジング (字幕版)
スポンサーリンク
大サイズ336×280




あらすじ

 前作ダークナイトから街はバットマンを必要としないくらいには平和を維持していて、ブルースは屋敷にこもり8年が経過していた。
 ある日、給仕としてブルース邸に潜り込んだセリーナに指紋を盗まれてしまう。彼女が盗んだブルースの指紋の取引相手と街の下水道を拠点に暗躍するベインが繋がっていて、ブルースは遂にバットマンとして復活することを決心する。

ストーリーとキャラクター解説(ネタバレあり)

 ※ここからネタバレを含みますのでお気をつけください。

セリーナ登場

 前回のダークナイトから8年が経過し、新しく制定されたデント法によって犯罪検挙率が上がってきたゴッサムシティ(ちなみにデント法については作品内では具体的な内容が語られておりまんが、パンフレットに犯罪者は投獄か街から追放か選択を余儀なくされたと記載があるそうなのでそういったものかと)。
 屋敷から外に出ずに過ごしているブルースのもとにセリーナが給仕として屋敷に潜入してブルースの指紋を盗んでいきます。

セリーナ

 アン・ハサウェイ演じるセリーナ・カイルは原作でも有名なキャラクター、キャットウーマンです。今作の彼女の狙いは過去の犯罪歴などの個人情報を完全に消し去ることができるクリーン・スレート。裕福に生まれた訳ではない彼女は生きていくためにお金持ちからのみ盗みを働いて生きてきました。今の時代ですとネットで多くの情報が簡単に手に入るので盗みをやめて新たな人生を始ようとしてもデータ化された過去の人生が付きまといます。作中のセリーナの言葉を借りると「一度悪に染まったら抜け出せない」ということですね。

下水道の謎

 セリーナは盗んだブルースの指紋をある男に渡しにいきます。指紋と交換でクリーン・スレートをもらえるはずでしたが、証拠隠滅のため襲われてしまいます。しかし警察を呼んで一旦逃げます。
 一方、下水道近くで死体が見つかります。その捜査に当たったブレイクはその少年が自分が育った孤児院をでていることに気づき、孤児院で話を聞きます。孤児院を出たみんなが下水道で働いているとのことです。
 その後捜査のためゴードンらが下水道にいくとゴードンはベインの仲間にとらわれてしまいますが、下水道の水流にわざと落ちることでどうにか逃げ切りますが、入院してしまいます。

ロビン

 まっすぐな正義感を買われゴードンとともに捜査することになるジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるブレイクは最後の方で本名がロビンであることが判明し、こちらも原作バットマンでバットマンの相棒として有名なロビンであることがわかります。彼がスーツを来てバットマンと一緒に戦うシーンを見てみたかったですね。
 孤児院で育った彼は、同じく孤児であるブルースの本性に気づきバットマンであること見破っております。

ブルース失脚

 証券取引所にベインと仲間が強盗に入ります。彼らの狙いは会長であるブルースを失脚させてブルース産業の役員であるダゲットを次期社長にすることです。
 証券会社から盗んだデータとセリーナから渡されたブルースの指紋を使って無謀な株取引をしたことにしてブルースは会長職を辞任することになります。
 ブルースは信頼できる役員のミランダ・テイトを急いで呼び出しエネルギー開発のために作った核融合炉を見せて悪用されないように伝え、ミランダを次期社長にします。ダゲットは計画通りにいきませんでした。

ベインとバットマンの戦い

 ダゲットは自分が社長になれなかったことについてベインに文句を言いますが、ベインはダゲットを利用しただけであって狙いはゴッサムを清算することだと雇い主であるダゲットを殺してしまいます。
 ブルースはセリーナにベインの場所に連れていくように頼み下水道にいき、ベインと戦うことになりますが負けてしまいベインがかつていた奈落に収容されてしまいます。

ゴッサムの清算

 ウェイン産業の役員を拉致して核融合炉を取り出すベイン。核融合炉は炉心から外すと数日でメルトダウンしてしまうのですが、それこそがベインの狙いでした。その後、ゴッサムシティと本土を繋いでいるトンネルや橋を破壊して住民を出れなくして、警察署員を下水道に誘導し閉じ込めます。
 ベインは街中でテレビ中継されているスポーツの試合に乱入してウェイン産業から奪った核融合炉をみせて、唯一爆発を解除できる博士を殺します。一人でもこの街から逃げたら誰かが爆発スイッチを押すと伝えベインは去ります。
 また、彼はデント法の名前の元になったハービー・デントの真実を伝え警察に市民は騙されていた、権力者を許すな、ベインの考えに賛同する志願兵を集めると言い刑務所の囚人を解放してしまいます。

ミランダとベイン

 奈落をどうにか抜け出したブルースはゴッサムシティに戻り、ゴードン、ブレイクをはじめとする街の警察署員やセリーナ等を協力してベインの戦います。ベインに爆弾の起爆スイッチがどこにあるか問い詰めているバットマンが何者かに刺されてしまいます。刺したのはミランダで、彼女こそが黒幕であり、ベインは彼女に従っていたのですね。爆発が避けれないがわかるとバットマンは爆弾をバットという飛行機に繋げて海に向かいそこで核融合炉が爆発し、街は救われます。

べイン

 原作でも恐るべき頭脳と怪力の持ち主と紹介されている通り、筋肉もりもりだとどうしても頭脳が弱いイメージがありますが、ベインはどちらも併せ持っています。ちなみに原作だと筋肉増強剤のヴェノムという薬の効果で強くなっていたりしますが、この映画ではそういった描写はなく自前の筋肉のみで戦います。
 今作ではダゲットという男が西アフリカで採掘事業の警備として雇った傭兵で、ブルースの会社を乗っ取る手助けをさせられております。
 今作のベインは世界の果てにある「奈落」と呼ばれる囚人が苦しみ死んでいく穴蔵で生まれ、そこで育ちました。昔、彼は他の囚人たちに襲われて酷い治療のせいで後遺症が残り、薬を注入するために絶えずマスクを付けなければいけなくなります。

ミランダ・テイト

 ダークナイト・トリロジー一作目「バットマン・ビギンズ」に出ていてブルースに戦い方を教えたリーグ・オブ・アサシンのリーダー、ラーズ・アル・グールの娘であることがラストに判明するミランダ・テイト。本名はタリアです。奈落で生まれた彼女を守ってくれたのがベインで、彼女を守るためにマスクをしなければいけなくなるほどの傷を追いました。ミランダの狙いは「バットマン・ビギンズ」のラーズ・アル・グールを同じゴッサムを破壊することでした。

ラストシーンのブルース

 爆発で死んでしまったと思われたバットマンであるブルース。しかし後に爆弾を繋げた飛行機バットが自動運転ができるようにブルースが改造してたことが判明し、執事のアルフレッドが海外でブルースとセリーナが楽しそうにしているシーンもあるので無事だったんですね。よかったよかった。

ネタバレ感想

 前作ダークナイトがかなり評価がよかったので製作陣のプレッシャーも相当なものだったでしょう。でもすごく楽しめます。ダークナイトに匹敵するくらい面白いですし、魅力的などんでん返しやこうやってバットマンが街を去り、ロビンがその役割を引き継いでいくんだなとラストの流れも綺麗でした。

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280