裸足族?!オーストラリアって不思議がいっぱい!日本と違う文化に驚いた!

こんにちわ。ホリ得です。オーストラリアに行く前は洗練された都市だと思っていた私。けれど住んでみて気づいた日本にはない感覚や日常に不思議がいっぱい!需要なさそうな記事ですが共有できればいいなと自己満で書いていきます!笑

スポンサーリンク
大サイズ336×280




裸足だらけ

タイトル通り裸足で街中を歩いている人たちを勝手に裸足族とよんでます。

メルボルンやシドニーの都市部に行くとあまり見かけないですが、ケアンズやゴールドコーストあたりに行くと都市部でも裸足の人を見かけます。

髪型も服装もちゃんとしているので初めてみた時はどういうこと!?と思いました。ちなみに私が初めてみた場所はモノレールの中です。笑 指定席で観光客もいっぱいいた中の裸足の人には驚愕でした。

見慣れる

その後スーパー、山、モール、観光地あらゆるところで見ました。そこで気付いたのはわざと履いてないんだなと!

というのも滞在先のオーナーが日常裸足で、ちょっとしたところは裸足で出かけちゃう感じでした。足の裏が真っ黒・・

けれど玄関にはハイキング用のシューズやサンダルなど一通りの靴はあったので使い分けてるのだとわかりました。私でいうなれた場所にはジャージでという感覚ですかね。笑

裸足族の家族は裸足族になる傾向が高いのもわかりました。キャンベラの国会議事堂に遊びにきていた家族も母親以外みんな裸足だったことに驚いたのを覚えています。

オーストラリアってほんとすごい国!

結果

郷に従えという言葉があるようにオーストラリアに住んでる間に裸足に対する抵抗がなくなったのか、玄関先やベランダくらいなら裸足でも平気になってしまいました。笑 土足のルームシェアでも裸足で平気になってしまったりとマインドが変わってきました。

自分でもびっくり!!日本にいた時は綺麗好きだったのに人って変わる生き物!笑

まとめ

やっぱり外には何が落ちてるかわからないし、衛生的に心配なので靴は必要です。日頃から裸足で歩いている人の足の裏ってどうなってるのか気になります。真っ黒なのはわかったのですが、硬くなってないのかな〜と!

変なところに疑問が湧きました。あと、余談ですが、オーストラリアにはタトゥを入れた人もたくさんいます。公務員ですら見かけますし、職場に1人はいるくらいの多さです。偏見のない自由な国ですね!

国によって空気も雰囲気も違うからやっぱり旅は面白いしやめられないです 🙂 

オーストラリア コアラ

オーストラリアでしか体験できないアクティビティーが好きな方にオススメ!目玉商品もあるし見る価値ありです!↓↓

オーストラリア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280