オーストラリアで車を購入!ワーホリ必見!ガムツリーでいい車をゲットする方法と使い方

こんにちわ。ホリ得です。ワーホリをする際、車ってどうやって買うのか迷いませんか?いくらくらいが相場で、どこに注目するべきなのか・・

今回はGumtree(ガムツリー)を使っていい車を購入した方法を書いていきます。

どうやって購入したらいいのか最初に悩むところですね。日本人の皆さんは日豪プレスを利用して探す方も多いかと思います。

ここだと日本語も通じますし安心ですね。しかし、住んでいる地域によっては投稿数も多くないですし、車だとすぐに売れてしまう事も多かったので、気になる車をみつけたらすぐに連絡することをすすめます。

次に多いのはガムツリーですかね。

ここは車の登録がかなり多いです。ただ英語での取引になります。英語はちょっと、、という方!安心して下さい!私たちも最初は話せませんでした。笑 メールでのやりとりができますので、気になることはとことん聞いた方がいいです。メールであれば辞書など使ってやり取りできますしね 😉

日豪でいいのがあればすぐにゲットしていただきたいのですが、なかなか競争率が激しいです。しかしガムツリーにはいい車や堀だしものも多いのです!!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




ガムツリーを使って検索

ガムツリーのサイトをひらいたら、まずはcar&vehiclesをクリックしてください。いくつか検索項目が出てきますが、とりあえずVIEWを押しちゃいましょう!

そのままですとヒット数がとんでもない数になりますのでFilter & Refineというボタンをおしてください。そうすると細かく検索ができます。

ガムツリー 使い方

categoryはそのままでいいと思いますがplacesは指定したほうがいいです。パソコンですと簡単なんですが、スマホですと、一回検索項目を追加するごとにFilter & Refineのボタンが閉じちゃうのでちょっと面倒かもしれないです。

私の場合だとクイーンズランドで探したのでクイーンズランドですね。そしてその下に細かく地域が出てきますので絞って下さい。まれに親切な方だと近場まで来てくれることもありますが、広範囲で検索するとたいてい遠すぎて行けないと言われちゃいますので、近い地域で探すことをおすすめします。(たとえば同じクイーンズランドでもケアンズとゴールドコースとでは1700KM 離れてます) 😯

次にpriceですがここを未記入にしてしまうと車の部品など安すぎるものまで検索されてしまいます。ここは1000$くらいをminに設定でいいかと思います。だいたい1000$くらいからまともな車が出てきます。maxは未記入でも希望金額を入れてもどちらでもいいです。記入しましたらgoボタン押してください。

次にtransmissionという項目が出てきますのでautomaticを選びましょう!マニュアルが好きな人はマニュアルでもいいですが、オーストラリアは100KM、200KM先まで運転することがよくありますので私はオートマが安心かなと。

お次はair conditioning これは重要です!オーストラリアは気温が半端ないです。暑すぎて車内でバテルこともありますし、冬の時期は寒くて震えたりします。エアコン機能はついてないと厳しいと思います。yesにしましょう!!

これだけでもだいぶ絞れたかと思います。

また可能であればエアコンの項目の下にregisteredとありますが、検索結果がまだ多い場合ここもyesでいいと思います。これは車体登録のようなものでこれがないと車にのれません。取得に数万かかりますので最初からついている車だと出費が抑えられます。

最後に右上にsort byというタグがありますのでクリックしてcheapestと検索してみましょう。

注意していただきたいのは検索結果の上位はスポンサーやおすすめの車なので金額が高いこともあります。

top adsというところがおすすめ欄ですね。(高い!!)その下にcheapestとありますので見てみましょう。

ガムツリー 使い方

注目するべきところ

ある程度絞り込みができたら、実際に内容チェックしましょう。

写真の有無

写真がある車の方が安全です。私は写真なしで一度ぼこぼこになった車を買わされそうになりました。もしくは写真を送ってもらうのがいいかもしれませんが、売る気持ちがあるのであれば最初から写真はしっかり載せるべきだと思うので掲載されてない場合、私は飛ばしてました。

走行数

オーストラリアの車の走行数って半端ないです。10万キロ超えなんて普通です。むしろ少ない方かもしれないです。私は30万キロ以下を目安に探しました。それ以上になると結構年式がいってたりします。なかなか売ってる人もいなかったのでそれ以上は廃車になりやすいのかな、、と思ってしまいました。日本では考えられない走行数ですね。。

記述内容

30万キロなんて走行していたら不具合の一つや二つあると思います。しっかりしている人であれば不具合の箇所や修理した箇所は記載してます。最初から記載している方のほうがいいですが、もしなければ聞いてみるのもありです。

Registration

前述しましたが、これがないと乗れません。買い手が取得するのか売り手が取得するのかでかわりますが、だいたいが買い手の取得になります。取得時は半年以上で契約するのですが、車を売却するときには残り1カ月とか2カ月で切れるものが多いです。

切れてついてない場合はしっかりどちらが更新手続きを行うのか話し合いを。半年契約で3万円くらいの記憶があります。最初からついてた方がいいかもしれないですね。

RWC

こちらも取得していないと乗れません。(クイーンズランドだけかもしれないです。)いわゆる車検のようなものです。売り手が取得して販売する義務があります。購入後車検に出すと不具合多発で実は廃車寸前だった!ってこともあります。できれば売り手に購入意思を伝え、事前にRWCの取得を聞いてみるのもありです。

プラスアルファ注意ポイント

上記が基本的に確認した方がいい事項です。プラスアルファで確認もしくは詳細内容に記述があると好ましいのが前オーナーの職業ですね。よく言われるのがファーマーからは車を買わない方がいい、とかワーホリからは買わない方がいいとかです。

これはファームの仕事になると舗装されてない道やぬかるんだ道などでタイヤの消耗が激しかったりします。タイヤが交換されたばかりであればいいのですが、一度もしてない場合はチェックしてみるといいです。ワーホリとなると、ラウンドしたりする方もいますよね。同じ内容ですが、こちらも消耗が激しいということです。

皆どれくらいの車買ってるの

人それぞれですが、$2000から$3000くらいが相場だった気がします。(クイーンズランド) 日本で考えると安いですよね!ただ購入してからメンテナンスや修理費用がかかっている人もいれば、綺麗に使って同じくらいの金額で売ってる方もいたのでランニングコストは様々ですね。車の見極めには自信がある方は$1000代の車でもいいと思います。割と安心でいくなら$3000に近い金額のほうがいいのかなという印象でした。(高い車でもハズレを引いた人はいましたが・・・)

実は狙い目の車がある

実はこれが私の一番のおすすめです。購入して早々事情があって帰国しなければいけない!実際の帰国より緊急で帰国しなければならない!

二つに共通しているのはそう・・・緊急ということです。

早く売らなければならないので価格は安くなってます。売り手も早く売りたいので値下げ交渉に応じてくれます。また購入したばかりであれば問題も少ないです。Registrationも最初からついてたりします。もしも見つけたらすぐに連絡し、テストドライブの予約をとることをおすすめします!!

私たちが車を検索したとき、運よく2件その状況の車がありました。

1件は元ファーマーでRWC,Registration(2カ月付)、エアコンが壊れていたけど、購入するなら無償修理で$1900!(安いですね)

2件目は学生でRWC、Registration(4か月付)、購入して2カ月だけど帰国しなければならないということで$1200!!(破格)

ということで$1200で購入しました。もちろん車検(RWC)したばかりだったし、学生でしたので車は綺麗!現場にいってテストドライブをし、そのまま名義変更をして車の金額を支払いまして、購入した車にのって私たちは帰宅しました。本人もかなり安くしたと言っていたので掘り出し物だったんじゃないかなと思います。

まとめ

車を購入する際は実際に見て運転することが一番だと思います。その前に選別するだけでも違ってきますので是非おためし下さい。

また、ガムツリーの検索はもっと詳細に絞り込むこともできますし、可能であればボンネットチェックをするのもいいですね。車の知識もない、英語も苦手な私たちがいい車をゲットできたので皆さんはもっといい結果になるはずです 😉

友人から購入して修理費$1000近くかかった話や、$3000で購入したけど廃車寸前だったという話も聞いたので、これからオーストラリアで車の購入を考えてる方の少しでも役にたてたらと思います。

沢山ドライブしましょう!!  😀

オーストラリアでしか経験できない事をしたい!今日は何して遊ぼう!そんな方にオススメ!現地のサイトで安くて最高なアクティビティが満載です↓↓

オーストラリア現地ツアー

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280