カナダで空き缶瓶リサイクルしてデポジットゲット!ビール好きワイン好き必見!

こんにちわ。ホリ得です。

必ず冷蔵庫にはビールをストックしている私の相方。何気なく捨てていましたが、とある日あることに気づきました。デポジットがとられている・・?返金されるのか?どうするのか?調べてみたいと思います!

Toronto CityPASS

スポンサーリンク
大サイズ336×280




デポジット(deposit)

トロント リサイクル

リサイクル関係にデポジットが最初から含まれています。州によって変わりますが種類によって数セント〜のデポジットが含まれています。

例えば私が住んでいるオンタリオ州(トロント)はアルコール飲料のみデポジットが含まれていて、空き瓶も空き缶も容量によってデポジットが変わってきます。通常の空き缶ビールなら1缶10セントのデポジットが含まれているという事になります。

トロント リサイクル

他の州だと飲料は全てかかっている場合もあるので、下記のHPより対象となる商品の確認をしてください。

Information on Canada's deposit laws (bottle bills) and recycling policies

払わなくてもいいのか

商品の金額に含まれているのでデポジットを払いたくない!と言っても抜くことは不可能です。ということは、そのままゴミとして出してしまうとデポジットは返ってこないということになります 😥 

回収・換金の仕方

州ごとに違いますが、だいたい回収センターにて換金することになると思います。ちなみにオンタリオではReturn to Beer Store only, LCBO does not take empties.

と記載されてます。どこで購入してもbeer storeに持っていかなければならない事になります。

特別容器を洗う必要も潰してコンパクトにする必要もありません。袋に入れて渡せば数えてくれてデポジット分を返金してくれます。

すごく簡単!!

義務なのか

カナダとしては環境とリサイクルのためにゴミとして捨てずに戻して欲しいところ。ただ厳しい義務というわけではないです。リサイクルとして捨ててもいいわけです。その場合、私たちにデポジットが返ってこないだけですので。

自宅前でリサイクルとして捨てた場合は何もなし、換金所まで持っていけば返金。この違いのみですね。

まとめ

幸いうちから換金所が近かったというのもあって貯めた空き缶を持って行きました。小さな金額でも積もれば結構な金額になり、合計缶ビール2本分くらいの金額をゲットしました!これで新しいビールを購入 🙂 無料で購入した気分になりました。笑

カナダでアクティビティーするならこちらが安くておすすめです↓↓ その他多数の面白いアクティビティがのってます↓

 

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280