DBPOWER ex5000 アクションカメラは防水完璧?水中カメラの実力をダイビングで試した結果 

こんにちわ。ホリ得です。外で遊ぶことが多く、何度かスマホを水没、落下で壊してきました。今回ダイビングに行く予定があるので、安くで防水がしっかりしてそうな水中カメラを購入してみたのでがっつりダイビングで使ってみようと思います!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




DBPOWERの実力

購入する前に悩んだのがアクションカメラといえばgopro!友人に貸してもらった時に水陸共に綺麗だったのでいいなと思いましが高い。外出時の写真はスマホで満足しているので、なかなか手が出ない。。

そんな時に見つけたのがDBPOWER 1080p ex5000

見た目がgoprpに似ている!けれど価格が10分の1くらい!

Wi-Fi機能

なんとこの価格にWi-Fi機能が付いています。finalcamというアプリをダウンロードすればスマホとタイムリーで連動するので自撮り棒に取り付けてスマホで確認しながら撮影なんかもできちゃいます!dbpowerにはインカメラが付いていないので自撮りする際にWi-Fiは助かります。

やり方は簡単!dbpower本体のWi-Fiボタンを押したあと、スマホでdbpower wifiに接続します。暗証番号は12345678。その後、finalcamのアプリを開いて+ボタンを押せば自動的に連動されます。

dbpower 1080p ex5000

遠隔操作ができるってことですね!素晴らしい!

私のおすすめはこちら!三脚にもなるし、角度も細かく変えられるので様々な方向から写真が撮れます↓↓

録画

録画機能もバッチリ!水中で録画しましたがバッチリ撮影できていました。もちろん陸での録画、室内での録画全て問題ありませんでした!陸での録画はぶっちゃけスマホの方がいいのですが、水中だと難しいのでこの機能はありがたいです。

30M防水

私の中でこれが一番肝心な点でした。防水ケースついているけど大丈夫かなと。海水浴で使用している方の写真は確認しましたが、ダイビングでの撮影はどうなのかと。

水深18Mくらい潜りましたが、結果は問題なく撮影できました。モニターがあるので被写体も切れずに撮れます。

グレートバリアリーフ

ただお気付きの通り青っぽい。光の届かない暗い深い場所に潜ると青かぶりという現象がおきるようです。写真に納めたお魚たちもみんな同じ色に写っちゃいました。笑

カメラに詳しいわけではないのですが、深い場所に潜る場合はストロボや赤いフィルターを一緒に準備するといいとおすすめされました。

ちなみに浅い場所になると水中でも光が入り、色の違いがわかると思います。

グレートバリアリーフ

2つのバッテリー

バッテリーが2つついているのですが、これがまた便利です。5時間ほどダイビングとスノーケルで写真を撮っていましたが、充電が切れそうになりました。もう一つのバッテリーを持っていたので、何も心配はありませんでした。

丸一日バッテリーはもちそうにないので、二つとも充電満タンで準備することをおすすめします。ちなみに充電口はアンドロイドの充電プラグと同じです。

dbpower 1080p ex5000

スムーズな対応

最初に届いた商品が不良品でバッテリーがしっかりはまらずテープでとめて使用していました。何となく、改善策を聞きたくて問い合わせた所、再度新品を送っていただきました!

1年間の保証がついているのでちょっとした不具合が気になる場合でも問い合わせてみてもいいと思います。使い方から疑問など親切に応えてもらえますし、不良品の場合すぐに新しい商品を送ってくれます。

不良品を返送しようと思いましたが、返送は不要とのこと。ですので、うちには同じ商品が二つあります 😯  バッテリーの蓋が閉まらないだけなので、今使用しているものが壊れたらこれを使おうかと思います。笑

dbpower 1080p ex5000

マイクロSDカード

注意点としてはMicro sdカードが付属していないので購入しなければなりません。ない状態ですと撮影できないので準備する必要があります。この点を見落として最初失敗してしまったので、お忘れなく 🙂 

まとめ

1万円を切る値段でこんなにも盛りだくさんな機能がついたdb power 1080p かなりおすすめです!水中はもちろん様々なアクションシーンで使えるので外で遊び予定が多い方は一台あってもいいですね!

スポンサーリンク
大サイズ336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
大サイズ336×280